vol.145「日本三大都市比較に見る名古屋市上下水道の誇らしさ」を掲載しました。

名古屋市の上下水道は、東京・大阪をはじめ、他都市と比較してクオリティが高く料金が安い。110年の歴史を重ねて築き上げた素晴らしい現状だ。しかし、コスト増加が顕著となる中、節水機能の向上と水需要の減退で赤字転換が必至だ。料金見直しを覚悟せねばならない。本文はこちら…

vol.144「名古屋都市センター歴史まちづくりシリーズ⑥公園の歴史」を掲載しました。前のページ

vol.146「地域循環型共生圏の実現に立ちはだかる壁」を掲載しました。次のページ

おすすめ記事

  1. 登録されている記事はございません。
  1. コラム

    Vol.161 民活シリーズ⑫ PFI事業のアドバイザーに求められる今日的な資質…
  2. コラム

    Vol.156 能登半島地震被災地で大活躍する名古屋市上下水道局  -技術力、現…
  3. コラム

    Vol.81  名古屋市営交通100年を振り返る (その2)  -名古屋都市セン…
  4. コラム

    Vol.74  パリの新陳代謝に学ぶ名古屋の発展課題 (その1)  -パリ・グラ…
  5. コラム

    Vol.104  「異次元の少子化対策」には東京一極集中の是正を  -立地選択の…
PAGE TOP