vol.143「名古屋市次期総合計画中間案に見る新たな目線」を掲載しました。

基本計画改定にあたり、中間案では「東京一極集中是正の受け皿」となる姿勢を織り込んだ。いいぞ!計画の仕上げに向けては①本社機能誘致、②公教育のリデザイン、③交流消費の増進に重点を置いてほしい。本文はこちら…

vol.142「日本中央回廊に求められる国土上の役割」を掲載しました。前のページ

vol.144「名古屋都市センター歴史まちづくりシリーズ⑥公園の歴史」を掲載しました。次のページ

おすすめ記事

  1. 登録されている記事はございません。
  1. コラム

    Vol.54 民活シリーズ③ プロジェックとファイナンスって何だ?  -PFIと…
  2. コラム

    Vol.98  名古屋都市センター歴史まちづくりシリーズ①「三の丸界隈」探訪  …
  3. コラム

    Vol.23日本の三大都市とは東京と大阪とどこ? -間違いなく名古屋です。ポテン…
  4. コラム

    Vol.65  船上から見る中川運河 (視察記)   -静かな水面を都市空間にど…
  5. コラム

    Vol.74  パリの新陳代謝に学ぶ名古屋の発展課題 (その1)  -パリ・グラ…
PAGE TOP