vol.177「岐路に立つ愛知県知立市が講ずべき投資経営の打ち手は」を掲載しました。

良好な立地と交通条件を活かして住宅都市として発展してきた知立市。現在でも自然増が続く稀有な都市だが、社会減が拡大して人口減少に転換した。若者の流出が大きな要因だ。住宅都市から若者が流出して人口減少が起きると高齢化も加速する。個人市民税に依存する都市経営は打ち手を必要としている。本文はこちら…

vol.176「岐阜市の持続可能なコミュニティ形成に向けて」を掲載しました。前のページ

おすすめ記事

  1. 登録されている記事はございません。
  1. コラム

    Vol.34伊勢湾口道路の必要性を立証せよ!(回顧)その2 -新しい国土のあり方…
  2. コラム

    Vol.163 全エリアで完全開業したジブリパークの役割とは  -観光産業の振興…
  3. コラム

    Vol.43小幡緑地に誕生した「オバッタベッタ」の魅力-愛知県Park-PFI第…
  4. コラム

    Vol.17東京五輪の開催是非をどう考えるか -東京五輪を幻にせず、強行開催もし…
  5. コラム

    Vol.53 リニアは静岡問題をどう乗り越えるか  -開業の意義とJR東海に求め…
PAGE TOP