vol.174「愛知県の芸術文化センター改革案に潜むリスク」を掲載しました。

2024年4月に公表された愛知県文化施設活性化基本計画では、コンセッション方式か公募型指定管理者制度の導入に向けて検討を進めると方針づけた。収益改革に焦点を当てるあまり文化振興事業団の資質を放逐するリスクを軽視していないか。本文はこちら…

vol.173「東海北陸自動車道の全通効果を定量化せよ(回顧)」を掲載しました。前のページ

vol.175「愛知県第八次行革大綱(仮称)が目指すものは」を掲載しました。次のページ

おすすめ記事

  1. 登録されている記事はございません。
  1. コラム

    Vol.77  名古屋に望む10の取り組み (その2)  -都市経営を支える魅力…
  2. コラム

    Vol.177 岐路に立つ愛知県知立市が講ずべき都市経営の打ち手は  -連続立体…
  3. コラム

    Vol.82  建設コストの急騰に公共事業はどう向き合うか  -まちづくりの停滞…
  4. コラム

    Vol.140 東京からの本社転出が示唆する国土の課題  -東京に縛られ続けてき…
  5. コラム

    Vol.70  民活シリーズ⑧ 指定管理者制度の運用改革の視点   -VFMの向…
PAGE TOP