vol.171「本社機能の首都圏転出に見る新たな立地パラダイム」を掲載しました。

3年連続で過去最高水準の転出社数となっている首都圏の本社機能。ビジネスチャンスを求めて首都圏に立地するも、経営は高コスト・ハイリスクとせめぎ合う。コロナ禍が産み落としたリモートスタイルの定着は、本社の立地条件を考える契機となっている。本文はこちら…

vol.170「石破茂氏「リニアは本当に必要なのか」発言を吟味したい」を掲載しました。前のページ

vol.172「なごや水道・下水道連続シンポジウム第1回【地震への備え】」を掲載しました。次のページ

おすすめ記事

  1. 登録されている記事はございません。
  1. コラム

    Vol.15名二環が全通!名古屋圏発展への寄与を探る -環状ネットワークと多モー…
  2. コラム

    Vol.147 次世代高規格道路ネットワーク(WISENET2050)を中部に展…
  3. コラム

    Vol.124 名古屋三の丸を「名古屋の顔」に  -庁舎の建て替えと長寿命化が進…
  4. コラム

    Vol.3 コロナ禍に求めたい政治と政策 -国民による自発的ロックダウンとアドレ…
  5. コラム

    Vol.66  民活シリーズ⑦ 都市ブランドを上げるVFMの定着を   -価格偏…
PAGE TOP