vol.148「幻のリニア名駅&高速道路直結プロジェクト(その1)」を掲載しました。

リニア(品川~名古屋間)の開業による経済効果は絶大に大きなものになるが、地域別には大きな濃淡が生じる。都道府県別にみると東京都が圧倒的で、愛知県に生じる効果は大阪府よりも小さい。また、愛知県内の効果は名古屋市が独り勝ちになる。愛知県内の効果を大きくするためには、リニア名駅に高速道路を直結させることが効果的と提案した(2011年)。本文はこちら…

vol.147「次世代高規格道路ネットワークWISENET2050を中部に展開せよ」を掲載しました。前のページ

vol.149「幻のリニア名駅&高速道路直結プロジェクト(その2)」を掲載しました。次のページ

おすすめ記事

  1. 登録されている記事はございません。
  1. コラム

    Vol.74  パリの新陳代謝に学ぶ名古屋の発展課題 (その1)  -パリ・グラ…
  2. コラム

    Vol.99  名古屋都市センター歴史まちづくりシリーズ②「広小路」探訪  -火…
  3. コラム

    Vol.149 幻のリニア名駅&高速道路直結プロジェクト(その2)  -関係機関…
  4. コラム

    Vol.115 名古屋の都市構造に「アーバンリゾート」の形成を  -適地の選定は…
  5. コラム

    Vol.51 日本はオミクロン株とどう向き合うか?  -ウィズコロナに求められる…
PAGE TOP