vol.173「東海北陸自動車道の全通効果を定量化せよ(回顧)」を掲載しました。

2008年に全通した東海北陸自動車道は、文字通り東海地域と北陸地域を結ぶ国土幹線道だ。しかし、全通を目前に控えた当時、東海側と北陸側の経済界では具体的な効果が見通せないでいた。そんな中、難航に屈しない工事現場に鼓舞されて、国内で初めて応用一般均衡モデルを適用して経済効果を定量化することに挑んだ。本文はこちら…

vol.172「なごや水道・下水道連続シンポジウム第1回【地震への備え】」を掲載しました。前のページ

vol.174「愛知県の芸術文化センター改革案に潜むリスク」を掲載しました。次のページ

おすすめ記事

  1. 登録されている記事はございません。
  1. コラム

    Vol.157 名古屋市人口の横ばい傾向に潜む都市経営的課題  -首都圏への負け…
  2. コラム

    Vol.89  「名古屋は舐められている」と感じた瞬間  -JPC2022を踏ま…
  3. コラム

    Vol.70  民活シリーズ⑧ 指定管理者制度の運用改革の視点   -VFMの向…
  4. コラム

    Vol.125 名古屋港が日本一と言われる理由と課題  -規模・取扱量ともに日本…
  5. コラム

    Vol.139 「アスナル金山」終了後のまちづくりの行方  -金山の個性を継承し…
PAGE TOP