vol.146「地域循環型共生圏の実現に立ちはだかる壁」を掲載しました。

ローカルSDGs推進で地方活性化を促し「自立・分散型社会」の構築を目指す環境省の方針。問題は企業を如何に巻き込むかだ。現状は草の根活動に依存し過ぎている。次なる打ち手が必要だ。本文はこちら…

vol.145「日本三大都市比較に見る名古屋市上下水道の誇らしさ」を掲載しました。前のページ

vol.147「次世代高規格道路ネットワークWISENET2050を中部に展開せよ」を掲載しました。次のページ

おすすめ記事

  1. 登録されている記事はございません。
  1. コラム

    Vol.33伊勢湾口道路の必要性を立証せよ!(回顧)その1 -幻となった大規模海…
  2. コラム

    Vol.109 少子化対策は教育費の地域格差を念頭に  -東京都の教育費を前提に…
  3. コラム

    Vol.171 本社機能の首都圏転出に見る新たな立地パラダイム  -2023年は…
  4. コラム

    Vol.42働き方改革の要諦と後遺症対策(その2)-成長力鈍化への懸念-
  5. コラム

    Vol.26モノづくり中部の発展はいつから始まったのか -リーディングカンパニー…
PAGE TOP